FC2ブログ






プロフィール

粉粉粉粉粉

Author:粉粉粉粉粉
フリーゲーム作者の粉粉粉粉粉です。「konago」と読んでね!初次见面,我是某恐怖游戏作者。目前为止创作过的作品有《明美譚》《スクッテー》等。欢迎各位来勾搭!


連絡用メールアドレス : utsukotan@yahoo.co.jp
twitter : @outkataoka



フリーエリア



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



以和为贵



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フリーゲーム「東京逃亡者」
今日はフリーゲームのレビューをします^^v
記念すべき一発目は香ばしいこちらのゲーム

「東京逃亡者」
■製作者:ラスト・ゲームメーカー様
■ダウンロードサイト:http://www.freem.ne.jp/win/game/7977
■ゲーム公式サイト:https://sites.google.com/site/tokyotobosha/

実はこの作品、まだ私はクリアしていません。
けっこう壮大な作品っぽいので現時点まで進めた感想を書きます。

ここから先、ネタバレ注意です!








ストーリーはとある精神的にキてる鬼才に出会ったラスト・ゲームメーカー様は、彼の持つ独特な世界観をゲーム化させる。
それが、「東京逃亡者」というゲームである。・・・・・・・・・らしい。
っていうかこれはストーリーと言うよりゲームを作るまでの経緯みたいなものでしょうか?

ゲームは、ちょうど洞窟のような場所から主人公が出てきたところから始まります。
彼が何者なのか、彼が何をしているのか、目的は何なのか・・・
一切説明がないままゲームが始まります。
とにかくゴチャゴチャしたマップを探索するしかありません。
この世界が恐らくラスト・ゲームメーカー様の言う精神的にキてる人の脳内世界なのでしょう。

で、このあといろいろ探索した感想ですが、なかなか引き込まれる世界観です。
僕はこういうのけっこう好きですね・・・
で、このゲームの僕なりの楽しみ方を発見しました。
それはまた後で記載します。

このゲーム世界観はなかなか良いんですが、改善すべきと思う点がかなり目立ちます。
⑴グラフィックにこだわりがない⑵不親切設計が多い・・・このふたつが大きく目立ちます。
まず、グラフィックですが舞台が東京であるのにマップが現代っぽくないです。
RPGツクールのRTP素材を多用していますが、元々RPGを作るために用意された素材なので
どうしてもRPGっぽくなってしまっています。
そんなわけで視覚的にこの世界観を表現するのに失敗していると感じました。
また、不親切設計ですが、これは特に序盤の浜石区あたりが酷いです。
何度も行き止まりにぶつかり、進んでは戻り進んでは戻りの繰り返しが続きます。
せっかくいろいろ探索したいのに誰かに出会うこともなくずっとおなじマップを彷徨うのは非常にストレスでした。
ゲーム序盤でこれはいけないと思います。
ゲーム序盤ではプレイヤーに(このゲームをもっと進めたい!)と思わせる事が重要で、特にフリーゲームは無料であるがゆえに、序盤でツマラナイと判断されるとゲームを即ゴミ箱に捨てられます。
また、黒集団に投獄されたあとの牢のパスワードの解法は、面倒くさかった。
謎解きは簡単です、しかしいちいち計算式が長い;;
この謎解きのポイントは暗号を解けるかどうかであって、足し算引き算ができるかどうかでは無いはず。
もっと短い計算式でよかったと思います。
このように、プレイヤーにストレスを与える箇所がいくつか見つかり、この点は良くないと思いました。
逆に、これらの点を改善すればこのゲームの面白さは一気に増すと思います。
なぜならそれほどに面白い狂気じみた世界観がこのゲームにはあるからです。
(個人的に食肉処理場のオナラのイベントはお気に入りです。)

先ほど書いたこのゲームの僕なりの楽しみ方ですが、このゲームの公式ページも読みつつプレイするというものです。
僕にとってこのゲーム、公式ページも含めてゲームなのです。いや、ある意味ラスト・ゲームメーカー様も含めての「東京逃亡者」という作品ではないかと・・・
その理由は、このゲームの公式ホームページからも狂気を感じるからであり、ラスト・ゲームメーカー様(LGMゆきひろ様)自信も独特な思考の持ち主であると感じたからです。
ホームページ、そしてラスト・ゲームメーカー様という人物に触れつつこの作品をプレイしていくのが僕なりの「東京逃亡者」の楽しみ方であります。(ラスト・ゲームメーカー様のブログを読みあさりながらプレイしています)
まだ僕はこのゲーム途中ですので、続けてプレイしていくつもりです。
ある程度すすんだらまたレビュー書くかもしれません。

さて、次回レビュー予定のフリーゲームは「少女奇談」です。
こちらはクリア済です。
他にオススメのゲームあったら教えてね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。